脱毛機の種類による医療脱毛の選び方


医療脱毛ではレーザー脱毛機が使用されています。しかし、クリニックによって、少しずつ脱毛機には違いがあるのです。脱毛機の違いでクリニックを選ぶのもよい方法です。どんな選び方をすると、きちんと脱毛を進められるのでしょうか?

医療脱毛で使用されている主な機種は以下のものとなります。
アレキサンドライトレーザー
もともとムダ毛が濃い部分には、強い威力を発揮します。産毛の処理はあまり効果が出ないことがありますね。また、色の濃い部分に強く反応するため、日焼けした方や、もともと色黒の方はアレキサンドライトレーザーでは処理できません。色素沈着が強く出ている部位も避けて照射することになります。

ヤグレーザー
色が濃い部分にも利用できることと、産毛にも効果があることで、人気のある機種です。最も高いパワーで照射ができるため、痛みが強いのが特徴でしょう。全身ツルツルに脱毛してしまいたい方におすすめです。クリニックによっては、一台でアレキサンドライトとヤグに切り替えて照射できる脱毛機を設置しているところもありますよ。

ダイオードレーザー
痛みが他の機種に比べて少なく、産毛や細い毛にも効果が高いといわれています。硬毛化のリスクも低く、全身どこでも使えるのが大きな特徴です。痛みの少なさから、医療脱毛に初めてトライする方にもおすすめの機種となっています。

クリニックの選び方では、新しい機種を設置しているかどうか、もちろんその機種に関してきちんと説明がなされているかを確認するべきでしょう。脱毛機は、新しいほど効果だけでなく安全性も高いのです。あまりに古い機器を設置しているクリニックでは脱毛施術は受けないほうがよいでしょう。医療脱毛 人気のランキングはこちらから